受験勉強に必要な日数はどのくらいか

受験勉強に必要な日数はどのくらいか

受験勉強に必要な日数についてですが、はじめて受験勉強をするという人だとわからないという人は多いのではないでしょうか。とにかく受験科目が多いため、たくさんの時間がかかるということだけしかわからない人もいるかと思います。そこで大学受験にはどのくらいの日数が必要かということについて書いていきます。先に必要な日数を書いてしまいますが、だいたい1年ぐらいとなります。なぜ1年ぐらいなのかと言われると、長すぎず短すぎず、ちょうどいい日数となるからです。この1年という日数についてですが、長いと感じる人もいれば、短いと感じる人もいると思います。実際半年ぐらいだと短すぎて最低限の対策しかすることができませんし、逆に1年以上やりこんでも、だんだん受験勉強自体が飽きてきてしまう可能性があります。そのため1年間という日数だと、受験勉強をはじめなればいけない時期についてもわかりやすいですし、途中で飽きてしまうということがなく、集中して取り組むことが可能です。また高校生だと学校の勉強も忙しいということが多いのではないかと思います。あまりに早い時期に受験勉強をはじめてしまうと、むしろ学校の勉強がおろそかになってしまう可能性があるため、やはり1年という日数がちょうどいいといえます。ちなみに最初の半年間で基礎をしっかりと固めておき、残りの半年間で応用の問題を解けるようにしておくという感じになります。ここまで1年間という期間がちょうどいいと述べてきましたが、人によっては1年間では明らかに足りないと感じる人もいるのではないでしょうか。そんな人は1年以上かけてもいいと思います。あくまで1年というのは受験勉強におけるベストな日数ということになります。

集中力を長時間持続させる簡単な方法

集中力を長時間持続させる簡単な方法

“ 「集中力は2時間程度しか続かない」と言われることがよくありますが、本当でしょうか。確かに勉強を続けていると疲れてきますが、一方でスマホのゲームなら気が付くと何時間でも続けてしまうという学生もいるでしょう。そもそも大人になれば、仕事は2時間ごとに休憩など取らせてもらえません。

 実は私たちが勘違いしがちなのは、「飽きた」のを「疲れた」のと混同してしまっているということなのです。その証拠に、私たちは無意識に、「しばらく英語を勉強したから次は数学を少しやろうかな」などと、科目を変えて勉強を続けていることがあります。これは英語を考えることに飽きた脳が、違う刺激を求めているからなのです。暗記することや考えること自体に疲れたのであれば、何の科目を勉強しても進まないはずです。そうして次は世界史や日本史、さらに現代文などと進めていって、ついに考えること自体に疲れてくると、どの科目を勉強しても進まなくなって、そこでようやく休憩の出番がやってくるというわけです。

 このことを考えると、集中力を長続きさせる手っ取り早い方法に、勉強する場所をこまめに変えるという方法が挙げられます。学校の図書室で勉強したら、次は塾や予備校の自習室に寄って勉強する。それから帰宅してまずは居間で勉強したら、最後に自分の部屋で勉強する。場所をどんどん変えていくと、そのたびに脳は新鮮な状態にリセットされます。また応用編として、場所を移動しながら勉強するという方法もあります。車の通りなどもある屋外で行うのは危険ですが、自宅内をウロウロしながら暗記物を口に出しながら勉強するといった方法も、廊下や洗面所で勉強することに慣れていない脳にとっては、それはそれは新鮮な経験です。

 いかがでしょうか。これまで「疲れた」が口癖だった方は、これからはぜひ意識して「飽きた」と言ってみてください。「疲れた」のであれば休憩しなければなりませんが、「飽きた」のなら違う勉強をすればいい、という方向に意識を向けられるはずです。上手く勉強を進めて、ぜひ志望校合格を勝ち取ってください。”

大学受験の英単語を覚えるにあたって

大学受験の英単語を覚えるにあたって

大学受験には受験科目の一つとして英語があることが多いかと思いますが、なかなか英単語が覚えられないという人は多いのではないでしょうか。もしくは覚えることには自信があるけど、覚えるべき英単語の数が多すぎてなかなか進まないという人もいるのではないかと思います。大学受験となるとたくさんの英単語を覚える必要が出てくるため、英単語を少し覚えただけでは対応できないという場合がほとんどです。大学受験をするにあたって覚えておきたい英単語の数は最低でも1000個、できれば2000から3000個ぐらい覚えておくと完璧なのではないかと思います。これだけたくさんの英単語をどうやって覚えるべきなのかを簡単に説明をしていきます。まず自分の使いやすいと感じる単語帳を一冊選んでおくといいです。そうすることで一冊を覚えれば受験に対応できるようになるなどゴールがみえやすくなります。次に単語帳の使い方についてですが、一日に何個の単語を覚えるなどといった感じで目標を立てておくといいと思います。目安としては30から50ぐらいがちょうどいいのではないでしょうか。多すぎても覚えにくくなってしまいますし、少なすぎてもなかなか進歩を感じられなくなってしまいます。そのため受験までのあと何日あるのかといったことを考慮して、一日に何個覚えるべきなのかといったことを計算してみると効率よく覚えることができるようになります。そして一日に何個覚えると決めたら、それ以上はやらないようにしておきます。時間が余ったときだともっと覚えたいと思うかもしれませんが、覚える単語の数が増えると、一つ一つの単語が記憶として定着しにくくなってしまう可能性があるので、しっかりと数は決めておきたいものです。

受験勉強の基礎の問題が解けるようになる大切さについて

受験勉強の基礎の問題が解けるようになる大切さについて

受験勉強をしようと思っていて、最終的な目標は難関大レベルの問題を解けるようにすることという人も多いのではないでしょうか。難関大レベルだとかなり勉強をやりこまないと解けない問題ばかりだと思います。そんな難関大レベルを解けるようになるにはどうすればいいのでしょうか。答えとしては基礎をしっかりと固めておくことです。当然ですが勉強は基礎が固まっていないと応用の問題を解くことはできません。応用の問題が解けるようになると、基礎の問題は簡単に解けますが、その逆はなかなかできないものです。受験勉強をしているときに、なかなか応用の問題が解けずに困っているという人は多いかと思います。頑張って考えているのになかなか解けないということもあるのではないでしょうか。そんな人は基礎をやり直してみると解決することがあります。基礎の問題だとすぐに解けてしまうし、意味がないのではと考える人は多いかと思いますが、基礎の問題でも中には意外と解けない問題があったりします。そのような問題を後回しにしておくと、いざ応用の問題を解こうとしてもつまずいてしまいます。そのため応用の問題を解くためには、まず基礎の問題を完璧にしておき、その上で応用の問題を解くことがベストとなります。そして応用の問題が解けるようになると、自然と難関大レベルの問題も解けるようになります。そのためいままでなかなか応用の問題が解けずに困っていたという人であれば、思いきって基礎の問題を解いてみるというのもいいのではないでしょうか。いまは基礎の問題しか解けないという人でも、基礎の問題がしっかりと解けるようになれば、やがて応用の問題についても解けるようになります。

受験勉強で英語を効果的に学ぶためには

受験勉強で英語を効果的に学ぶためには

大学受験をするにあたって受験科目には英語があることが多いかと思います。しかし英語はほとんど勉強したことがない、もしくは苦手な教科という人もいるのではないでしょうか。しかし英語は基本さえ覚えてしまえば簡単な教科であることは確かです。英語は苦手という人が非常に多いと聞きますが、実際はそんなことはありません。そこで今回は受験勉強で英語を効果的に学ぶ方法について述べていきたいと思います。まず英語の並びについて覚えることです。英語は基本的に主語、動詞、目的語の順番で並んでいます。このことについて理解しておけば、あとは簡単に解くことができるようになります。主語というとは私は、私たちは、彼は、彼らは、彼女は、彼女らはといったものです。動詞については数多くあるためここでは書ききれません。そのため単語帳などをみて動詞を探してみると面白いのではないでしょうか。このようにして英語の基本さえ覚えてしまえば、ある程度の問題が解けるようになるため、英語が楽しいものになるのではないでしょうか。むしろ受験科目の中で英語が一番に好きといったことにもなるかもしれません。最初は英語に対して苦手意識を持つ人が多いかもしれませんが、慣れてくれば自然と楽しいものになってくると思います。そして英語の参考書についても書店などにいくと、さまざまなものが売られています。自分にあった参考書を選ぶことで、より英語の勉強が楽しくなるのではないでしょうか。そして英語の勉強は聞いて覚えることも大切です。そのため英語の参考書を買うときにはなるべくCDがついているものを選び、暇なときにはCDを聴きながら英語を覚えるようにするとより効果的だと思います。

目的や目標を明確にするために、大人が少し手を差し伸べてあげれたら

目的や目標を明確にするために

過去に学習塾の経営を行っていた経験がある者です。
私は、小・中・高の生徒を対象とした学習塾を経営していましたが、受験に関して思うことは、「目的を明確にすること」が何よりも大切だと思います。

特に高校受験を行う中学3年生は、自分の学力や高校でのビジョンをもたず、「仲が良い友達が行くから」「校則がゆるいから」「かっこいい人、可愛い人が多いから」という理由をよく聞きました。

反対に中学受験を行う小学生の方が「○○中学校にはこういった部分を伸ばせる授業があるから」と目的が明確な子が多かったです。
もちろん、中学受験は親御さんが関わっていることが多いことも理由です。
「一緒にオープンキャンパスに行ってみた」「親に勧められた」ということもよくあります。

しかし、ポイントの一つはここなのです。「親」です。

中学校にまで子どもが大きくなると、子どもに任せる親御さんもいらっしゃいますが、子どもによっては自分では決める決断力が無い子が沢山います。
だから理由があいまいなのです。

思春期で難しい年頃で、子ども自身も親御さんとどのように関わって良いか迷う時期だと思います。
だからこそ、私は塾の立場を考えました。

子どもたちの本音や親への気持ちや受験への不安や高校への希望など、子どもの根本的なところに向き合うことに時間をかけました。
一度の会話で分かりきれるわけもなく、何度も何時間も子どもたちと向き合い、自習学習に呼び、悩みなどを聞ける塾を講師と共に目指しました。

そうすることで、「なりたい自分」「克服したい自分」が見えてきます。
そして、長所・短所を見つめた上で、高校が向いているのか「目的」「目標」考えてもらいます。

時には、その高校に進学した生徒に話をしてもらうこともありました。実際の高校生活が分かるからです。

そのように、子どものに向き合う人が現代少なくなってきているのではないかと思います。

子どもたちが自分に迷いながら成長していく節目に、親や大人が少しの力を貸してあげることで、子どもたちは明るい未来が見えてくるのではないかと考えています。
受験するならば、もちろん合格が良いのですが、不合格であっても子どもたちがチャレンジして良かったと思えるような経験になってもらえればと思います。