英語

大学受験の英単語を覚えるにあたって

大学受験の英単語を覚えるにあたって

大学受験には受験科目の一つとして英語があることが多いかと思いますが、なかなか英単語が覚えられないという人は多いのではないでしょうか。もしくは覚えることには自信があるけど、覚えるべき英単語の数が多すぎてなかなか進まないという人もいるのではないかと思います。大学受験となるとたくさんの英単語を覚える必要が出てくるため、英単語を少し覚えただけでは対応できないという場合がほとんどです。大学受験をするにあたって覚えておきたい英単語の数は最低でも1000個、できれば2000から3000個ぐらい覚えておくと完璧なのではないかと思います。これだけたくさんの英単語をどうやって覚えるべきなのかを簡単に説明をしていきます。まず自分の使いやすいと感じる単語帳を一冊選んでおくといいです。そうすることで一冊を覚えれば受験に対応できるようになるなどゴールがみえやすくなります。次に単語帳の使い方についてですが、一日に何個の単語を覚えるなどといった感じで目標を立てておくといいと思います。目安としては30から50ぐらいがちょうどいいのではないでしょうか。多すぎても覚えにくくなってしまいますし、少なすぎてもなかなか進歩を感じられなくなってしまいます。そのため受験までのあと何日あるのかといったことを考慮して、一日に何個覚えるべきなのかといったことを計算してみると効率よく覚えることができるようになります。そして一日に何個覚えると決めたら、それ以上はやらないようにしておきます。時間が余ったときだともっと覚えたいと思うかもしれませんが、覚える単語の数が増えると、一つ一つの単語が記憶として定着しにくくなってしまう可能性があるので、しっかりと数は決めておきたいものです。

受験勉強で英語を効果的に学ぶためには

受験勉強で英語を効果的に学ぶためには

大学受験をするにあたって受験科目には英語があることが多いかと思います。しかし英語はほとんど勉強したことがない、もしくは苦手な教科という人もいるのではないでしょうか。しかし英語は基本さえ覚えてしまえば簡単な教科であることは確かです。英語は苦手という人が非常に多いと聞きますが、実際はそんなことはありません。そこで今回は受験勉強で英語を効果的に学ぶ方法について述べていきたいと思います。まず英語の並びについて覚えることです。英語は基本的に主語、動詞、目的語の順番で並んでいます。このことについて理解しておけば、あとは簡単に解くことができるようになります。主語というとは私は、私たちは、彼は、彼らは、彼女は、彼女らはといったものです。動詞については数多くあるためここでは書ききれません。そのため単語帳などをみて動詞を探してみると面白いのではないでしょうか。このようにして英語の基本さえ覚えてしまえば、ある程度の問題が解けるようになるため、英語が楽しいものになるのではないでしょうか。むしろ受験科目の中で英語が一番に好きといったことにもなるかもしれません。最初は英語に対して苦手意識を持つ人が多いかもしれませんが、慣れてくれば自然と楽しいものになってくると思います。そして英語の参考書についても書店などにいくと、さまざまなものが売られています。自分にあった参考書を選ぶことで、より英語の勉強が楽しくなるのではないでしょうか。そして英語の勉強は聞いて覚えることも大切です。そのため英語の参考書を買うときにはなるべくCDがついているものを選び、暇なときにはCDを聴きながら英語を覚えるようにするとより効果的だと思います。